2002年7月2日

異議あり!有事法制−平和を願う市民の力で廃案に−6.12全国集会


 フォーラム平和・人権・環境の呼びかけのもとで「異議あり!有事法制−平和を願う市民の力で廃案に−6.12全国集会」が日比谷野外音楽堂で開催された。当日は、あいにくの小雨にも関わらず、全国から7000人もの仲間が集まり会場を埋め尽くした。全国一般からも、中央本部、東京一般、栃木地方本部、石川地方本部など多くの仲間がここに結集。
 集会は、オープニングの寿≠フ平和を求めるミニコンサート(写真下)で幕開け。その後、主催者からの「これまでの運動で有事法制廃案への展望が見えてきた。最後までたたかおう」とのあいさつ、社民党と民主党からは国会をめぐる情勢と決意表明が報告され、NGO、市民団体からは、「二度と核を使ってはならない。政府の非核三原則の見直し発言は許せない」との発言がされた。最後に全体で「全国から有事法制にNOを!の声を巻き起こすそう」とのアピールを採択し、全員で国会にむけてデモ行進をおこなった。

写真キャプション
写真1:全国から7000人もの仲間で会場を埋め尽くす。全国一般の各地方本部からも多くの仲間がこの場に結集。
写真2:集会最後の「団結ガンバロー」で共に頑張る決意を固め合い、これより国会前に向けてデモ行進。
写真1:全国から7000人もの仲間で会場を埋め尽くす。全国一般の各地方本部からも多くの仲間がこの場に結集。
写真2:集会最後の「団結ガンバロー」で共に頑張る決意を固め合い、これより国会前に向けてデモ行進。