2009年03月02日

■□東京ユニオン京品ホテル闘争■□
2.27抗議デモに全国一般石川地方労組の仲間がかけつけた



 1月25日の京品ホテル、強制排除ののち東京ユニオンはリーマン包囲行動、ホテル社前行動をつよめている。裁判所でも労働委員会でも会社側はユニオンをホテルから排除したものの、なんら解決の道筋を見出せていない。さらに包囲を強めるために2.27にホテル包囲のデモをおこなう呼びかけに対し、全国の仲間が結集した。

 2月27日(金)18:00。
 東京では、この冬一番の冷え込みとなったこの日、小雨の降る中、東京・品川駅近くにある東八つ山公園に、約200名の仲間が参加して集会・デモが敢行された。
 この集会に、全国一般石川地方労組の仲間をはじめ地元港区職労、全労金から多くの仲間が駆けつけた。
 東京ユニオン渡辺委員長が、感謝とともに戦いの方針を述べ、京品ホテル支部の、金本支部長が決意表明しデモに出発。
 ホテル前に到達し、「全員解雇撤回」「リーマンは争議を解決せよ」と力強く声を上げた。解散時には230名の仲間が参加し、団結ガンバローで散会。その後、石川地方労組から参加の5名の仲間や、東京ユニオンの仲間と交流会を行った。労働相談などでよせられるあまりに理不尽な現実や、これまでの闘争の経験などをお互いに意見交換をし、この闘いをともにがんばろうと、労働者の連帯で勝利を誓い合った。

ホテル前に向けて抗議デモ
 次は3月19日、リーマン包囲の六本木デモを予定している。強制退去後も、闘う力はますます強まっている。全国の仲間の結集とさらなる支援を呼びかける。

公園に集まった全国の仲間

駆けつけた石川の仲間